ちゅらトゥースホワイトニング調べまくり

歯の黄ばみを白くしてくれるちゅらトゥースホワイトニングの徹底調査をしました

ちゅらトゥースホワイトニングで歯が白くなるのは嘘?真実を教えます。

ちゅらトゥースホワイトニングで歯が白くなるなんて嘘。

という口コミがありました。

 

うーん。これは悲劇。

 

まず結論からいうと、歯が白くなるのは真実です。

 

ですが2つの誤解があるのです。

 

その誤解によって、ちゅらトゥースホワイトニングでは白くならないという口コミが出ているのです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングで白くなるは嘘ではない。誤解があるだけ。

まず1つ目の誤解です。

 

それは、ちゅらトゥースホワイトニングで白くなるのは、自分が持っている歯の本来の白さまで、ということです。

 

分かりにくいので順番に説明しますね。

 

まずは歯自体の説明からです。

  f:id:fujita222:20170221113148j:plain

 

歯は、

  • 外側の白い「エナメル質」
  • その内側に「黄色い象牙
  • その内側に神経である歯髄

 

の3層構造になってます。

 

 

そして日本人は、エナメル質が薄くて内側の象牙質が少し透けて見えるのです。

なので本来の歯の色が、そもそも黄色っぽいのですよ。

 

f:id:fujita222:20170225161218p:plain

 

そしてちゅらトゥースホワイトニングを含めて、自宅でできるホワイトニングというのは、エナメル質の外側にこびりついたステインと呼ばれる着色汚れを落とす事です。

 

つまり「その人の本来の歯の白さを取り戻す効果」なのです。

 

だから、本来の歯の色よりは白くできない。

イメージするような外国人みたいな真っ白な歯にならなくて不満に思う人がいるようです。

 

 

この効果に誤解があるので、「ちゅらトゥースホワイトニングで真っ白にならない!」「ちゅらトゥースホワイトニングは嘘だ」と思われてしまいがちなのです。

 

 

たとえ話をすると。

  • 白いTシャツの汚れは、洗剤で洗えば白くなる。
  • でも黄色いTシャツは、洗剤で洗っても白くはならない。

 

ということですね。

歯の汚れを落としても、色を漂白することはできません。

 

 

じゃあちゅらトゥースホワイトニングはどんな人が白くなるの?

じゃあ、どんな人がちゅらトゥースホワイトニングで白くなるのか、というと。

 

歯に着色した汚れがついている人です。

いわゆる”ステイン”というやつですね。

 

 

そして現代人の多くは、ちゅらトゥースホワイトニングで歯が白くなります。

 

それは現代人の歯には着色汚れがたくさん付いてるからです。

 

あなたの食生活を考えてみてください。

 

コーヒー、紅茶、お茶、カレー、チョコレート、フルーツなどをよく飲んだり、食べていませんか?

 

これらはステインがつきやすい代表的なものです。

 

 

だからその汚れを落とすだけでも、今よりもずっと歯が白くなるんです。

もちろん、真っ白にはなりませんよ。

 

ただし清潔感のある色に近づくのは間違いありません。

 

f:id:fujita222:20181006002534j:plain

 

 それだけでも清潔感が出て、顔の印象が明るくなりますよ!

 

\ こちらで 33%オフで購入できます /

【最安値】ちゅらトゥースホワイトニングはこちら

 

 

 

「自分の歯は、そんなに茶色く汚れてないよ」と思いましたか?

 

違うんです、あなた本来の歯よりも黄色くなっているんです。

 

パッと見ではまるで着色汚れなんて無いように見えますが、じつは薄く黄ばんでいるのです。

 

ハミガキでは落ちない黄ばみが、歯の表面にある細かなキズにたまっているのです。

これをポリアスパラギン酸という成分で浮かせて落とすので、歯が白くなるのです。

 

f:id:fujita222:20170218225231p:plain

 

まとめると。

ちゅらトゥースホワイトニングが白くなるのが嘘、というのは間違いです。

 

着色汚れを落として、自分が持っている歯、本来の白さを取り戻すことができます。

 

\ こちらで 33%オフで購入できます /

【最安値】ちゅらトゥースホワイトニングはこちら