ちゅらトゥースホワイトニング調べまくり

歯の黄ばみを白くしてくれるちゅらトゥースホワイトニングの徹底調査をしました

納得ッ!ちゅらトゥースホワイトニングで歯が痛くない理由

ホワイトニングを経験した人の話しを聞くと「痛かった」、という人がいますよね。ちゅらトゥースホワイトニングでもそんなに痛みが出るんでしょうか?

 ツイッターの声だと..

そんなに痛いのは嫌ですよね。

それでちゅらトゥースホワイトニングも使ったら同じくらい痛いの?と疑問に思って調べたら、ちゅらトゥースホワイトなら歯が痛む事が無いことが分かりましたよ。

これで安心してホワイトニングができます!

 

→ 最安値でちゅらトゥースホワイトニングを購入

 

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングなら歯が痛くない

ちゅらトゥースホワイトニングでホワイトニングするなら痛みを感じること無くホワイトニングができます。

これ重要なことです。

 

【33%オフ】ちゅらトゥースホワイトニングを購入

 

じゃあなぜホワイトニング経験はみんな痛がっているのか?

 

それは、歯医者でホワイトニングをしているからです。

歯医者で受けるホワイトニングを「オフィスホワイトニング」っていうんですけど、これが痛いんです。普通、プロである歯科医にホワイトニングしてもらったほうが痛くないはずでしょ?と思いますよね。

 

でも実際には歯科医のホワイトニングは痛い。でも、ちゅらトゥースホワイトニングは痛くない。この違いは何なんでしょうか?

それはホワイトニングに使う薬剤の違いなんです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングと歯科医ホワイトニングを痛みで比較

歯科医では数回の通院で歯を真っ白にするために強烈に刺激が強い漂白剤を使います。

それに対して、ちゅらトゥースホワイトニングは優しい成分で少しずつ汚れを浮かして、徐々に白い歯にしていきます。

 

この薬剤の強さの違いが、そのまま歯の痛みの違いになっています。

歯科医ホワイトニングが痛い原因

歯科医でやる場合には通院が必要ですよね?だいたい4、5回程度でホワイトニングをするみたいです。

そのために、過酸化水素という強烈な漂白剤を使います。しかも早くホワイトニングをしたい人ほど、この過酸化水素濃度を高くして使います。

 

濃度が高ほど強烈に歯が痛みます。

元々、知覚過敏がある人はもちろん、健康な歯でも痛みを感じます。

 

健康な歯でも表面のエナメル質には微妙にヒビが入っていたりします。そこに高濃度の過酸化水素が染み込んで、象牙質に到達します。

f:id:fujita222:20170221113148j:plain

 象牙質は痛みを感じる神経も通っているので、激痛が走ります。

 

しかも、歯科医ではより効果を高めるためにブラックライトみたいな特殊な光を当ててホワイトニング効果を高めます。

この光に当たると熱が発生して、それも歯の痛みに繋がるんです。象牙質やその内側の歯髄は熱をすべて「痛み」として感じるからです。

 

こうやって眠れないほど、、2度とやりたくないと後悔するほどの痛みがでるのです。

 

それもすべて「数回の通院で劇的にホワイトニング効果を出す、歯を真っ白にする」ためにやっているわけです。

 

ダイエットで例えると、1ヶ月で一体重を10キロ落とすために、断食+ジムトレーニング、みたいな明らかに無茶をやっているわけですね。

 

そう、歯科医のホワイトニングって「歯の痛み」のことを考えたら無茶なやり方なんです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングが痛くない理由

これに対して、ちゅらトゥースホワイトニングは無理やりなホワイトニングをしません。毎日コツコツ続けると1〜2ヶ月後に白くなったのが分かるくらい効果がゆっくりです。時間をかけてホワイトニングしていきます。

これもダイエットで例えるなら、3ヶ月で3キロ落とす、みたいな負担の小さいやり方なんです。

 

たしかに歯科医のように数回やっただけで急激に歯が白くはなりません。その代わり、成分が優しいから痛みがありません。

歯科医ホワイトニングで眠れなくほど痛くなるんだったら、ゆっくりでもちゅらトゥースホワイトニング使ったほうが絶対にいいですよね!

 

【33%オフ】ちゅらトゥースホワイトニングを購入

 

もう少し具体的に、ちゅらトゥースホワイトニングが、どう優しく歯の黄ばみを落とすのかを説明しますね。

 

ポリアスパラギン酸が黄ばみを優しく落とす理由

ちゅらトゥースホワイトニングには歯科医で使う過酸化水素が使っていません。その代わりに低刺激な漂白成分のポリアスパラギン酸が入っています。

この成分はタンパク質と結びついて固まる、という性質があるんです。

じゃあ、この性質がどうして歯の黄ばみを無くしてくれるのかを黄ばみの正体から順番に説明します!

 

歯の黄ばみの正体

歯の黄ばみ汚れの正体は、飲食物の色素が唾液のタンパク質と結びついて、それが歯の表面にくっついて固まった薄い膜なんです。

f:id:fujita222:20170218222457j:plain

このエナメル質の外側にできたタンパク質の膜を「ペリクル層」といいます。これを落とすことで黄ばんでいた歯のホワイトニングができるんですね。

ちゅらトゥースホワイトニングのポリアスパラギン酸が、まさにこのペリクル層を浮かせて落とす効果があるんです。

 

ちょっと説明が難しい?

 

白いシャツに、チョコレートをこぼしたときを想像してください。

白かったのにチョコが服の表面で固まって茶色く汚れて見えますね。でも洗濯してチョコを落とせばまた、チョコの下に隠れていた白い部分が見えます。

 

これと同じ事なんです。この洗濯に使う洗剤が、ちゅらトゥースホワイトニング。

ちゅらトゥースホワイトニングが汚れた層を溶かして落とすから、その下にある白いエナメル質が見えて歯が白くなります。

 

ちなみにこのペリクル層は、24時間以内に何度も復活するから、色の濃い食べ物を食べると、何回でも黄ばんできます。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは徐々に落とす

ちゅらトゥースホワイトニングのポリアスパラギン酸は、このペリクル層を一気に全部落とすわけじゃありません。

何層にも重なっている黄ばんだペリクル層を1枚1枚、少しずつ落としていくイメージです。だからホワイトニングにある程度時間がかかるんですね。だからこそ痛みの無いホワイトニングができます。

 

逆に歯科医の過酸化水素はこれを一気に剥がしに行きます。ペリクル層には歯を保護する役目もあるから、それを知ってると「歯科医のホワイトニング怖いぃぃ」と感じます。

 

【33%オフ】ちゅらトゥースホワイトニングを購入

 

まとめ

ちゅらトゥースホワイトニングに痛みが無い理由を分かってもらえたでしょうか?

歯科医ホワイトニングをやったけど痛すぎて挫折した人が、ちゅらトゥースホワイトニングの存在を知ったら、ぜったい飛びつきそうですよね。笑

 

下手に歯科医でホワイトニングする前にあなたはちゅらトゥースホワイトニングをしれてラッキーでしたよ!痛くないホワイトニングで、顔の印象アップしましょう!

やっぱり歯が白いとモテ度アップするし、思いっきり笑えるから毎日がもっと楽しくなります。

何より、白い歯の人って憧れるじゃないですか?

 

 

【33%オフ】ちゅらトゥースホワイトニングを購入