ちゅらトゥースホワイトニング調べまくり

歯の黄ばみを白くしてくれるちゅらトゥースホワイトニングの徹底調査をしました

ちゅらトゥースホワイトニングがタバコのヤニ汚れに効く理由!

長年タバコを吸っているとヤニで歯が黄色く、茶色く汚れてきますよね?

喫煙はやめられないけど、見た目が悪いから歯は白くしたい。。

 

そんな時には、ちゅらトゥースホワイトニングがおすすめですよ

職場の同僚が使っているんですが、ちゅらトゥースでかなり改善してます。

 

歯にタバコのヤニ汚れがこびりつく理由と、ちゅらトゥースホワイトニングの成分がその汚れに効果的なことをご説明しましょう!

 

 

 

歯にタバコのヤニが付く理由は「ペリクル層」

歯の表面には、エナメル質の外側に唾液のタンパク質が固まってできている薄い膜「ペリクル層」があります。

f:id:fujita222:20170218222457j:plain

このペリクル層は歯を熱の刺激から守って知覚過敏になりにくくしたり、歯を虫歯になりにくくする効果があります。その一方でタバコの煙に含まれるタール(ホルムアルデヒドなどの有害物質)と唾液が結びついて黄ばんだ色で定着する事があります。

タバコを吸ってから12時間くらい経つと、タール付きのペリクル層が作られ始めていて、24時間ではほぼ完成して歯の表面に定着します。

 

ヤニ汚れの正体はこの「タール色素が付いたペリクル層」なのです。

定着すると歯ブラシで擦っても完全に落とすことができないから、いくらハミガキを頑張っても黄ばみが残り続けます。

 

じゃあどうやってホワイトニングしたらいいんでしょう?

答えは、化学反応でペリクル層を剥がせばいいのです。

 

※剥がしても24時間程度でまたペリクル層は復活します

 

ヤニ付きペリクル層をちゅらトゥースホワイトニングで剥がす

このヤニ汚れ付きペリクル層を剥がしてくれるのがまさに「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」なのです。

 

成分にあるポリアスパラギン酸(PAA)がペリクル層を化学反応で浮かせて剥がしてくれます。

f:id:fujita222:20170218225231p:plain

 

だから、ヤニ汚れで黄ばんだ歯を元の白さに戻すことができるんですね!

 

とはいえ、1回ちゅらトゥースホワイトニングを使っただけでは完全に白くはなりません。

喫煙が習慣になっていたあなたの歯は、ヤニ汚れが何層にもなっているので、それを少しずつちゅらトゥースで剥がしていくことになります。

 

目安として2ヶ月くらい毎日使い続けると、かなり元の歯の白さに戻るでしょう!

 

ちゅらトゥースホワイトの効果を最大にする秘訣

なるべく早く効果が出てほしいですよね?そこでちゅらトゥースホワイトニングが一番効果的になるように

同時にこれは、これ以上歯が汚くならないための予防策でもあります。

 

タバコを吸ったら口を水ですすぐ(できればハミガキ)

ハミガキが理想ですが、せめて吸った後すぐに口を水ですすぐことで、タールと唾液が結びつくのを少しでも防止できます。

 

毎日ちゅらトゥースホワイトニングを継続する

タバコは毎日すいますよね?それなら毎日、ヤニ汚れのペリクル層ができあがるので、それを落とすちゅらトゥースホワイトニングも毎日使いましょう。

 

1日2回ちゅらトゥースホワイトニングを使う

ヤニ汚れのペリクル層が何層にもなっているのでより深い層の汚れを取るためには、新しいペリクル層が形成される前にちゅらトゥースホワイトニングを使うと効果的です。

ペリクル層は24時間で形成されますから1日2回やることで深い所の汚れまでアプローチができます。

 

週1回、禁煙日をつくる

ちゅらトゥースホワイトニングを使った後は新しいペリクル層ができやすくなっているので、できればその時にタバコを吸わないほうがいいですね。

そうするとキレイなペリクル層ができて、逆に歯をキレイに保ってくれます。

 

身も蓋もないんですけど、普段からなるべくちゅらトゥースホワイトニング使用後の数時間は、本数を減らせるとベストです。

 

タバコをアイコスに変える

アイコス流行ってますよね?あれはタールが9割くらい減らせるので、ヤニ汚れがしにくくなります。

アイコス本体が手に入りにくいのと、味的に満足できない人が多いのが難点ですが......

 

まとめ

喫煙者にとっては歯のヤニ汚れは仕方がないことです。でも見た目が汚くなるのは嫌ですよね。ちゅらトゥースホワイトニングでしっかり汚れを落として真っ白な歯になりましょう。

笑った時の印象アップ!それに口臭予防や食べ物ももっと美味しく感じるメリットもありますよ!