ちゅらトゥースホワイトニング調べまくり

歯の黄ばみを白くしてくれるちゅらトゥースホワイトニングの徹底調査をしました

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは厚生労働省が効果を認めた医薬部外品

家で歯のホワイトニングができる!っていうことで人気の薬用ちゅらトゥースホワイトニング。

 

その効果はメーカーが勝手に「歯が白くなりますよ」と言っているだけではなくて厚生労働省がその効果を認めて医薬部外品として販売されているんです。

でも医薬部外品ってたくさんあるので、「厚生労働省が認めた」っていうとすごそうなんですけど実はすごく普通のなんですが。笑

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは厚生労働省が認可済み

ちゅらトゥースホワイトニングが厚生労働省に認可されている、という意味を分かりやすく順番に説明しますね。

 

厚生労働省とは

厚生労働省という政府機関があります

化粧品・医薬部外品等ホームページ |厚生労働省

 

さすがに名前は聞いたことありますよね?

国民年金、健康保険、職業安定所(ハローワーク)などを管轄している省庁です。

 

ここが「医薬部外品」として販売していいかどうかの審査をしている機関でもあります。

今回のちゅらトゥースホワイトニングは、ここで認可を受けた商品ということです。

 

医薬部外品

ちゅらトゥースホワイトニングは「医薬部外品」なんですが、この意味知ってますか?

「厚生労働省が認めた効果・効能がある有効成分を一定の割合以上で配合しているもの」なんです。

 

詳細な説明は花王の公式ページにあります。

花王株式会社 乾燥性敏感肌ナビ 商品の成分表示の基礎知識 「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」にはどんな違いがあるの?

 

 

ザックリいうと、

 

「治療や完治を目指すような強い効果ではないけれど、予防だったり改善に効果がある成分が配合されている」。

 

まだわかりにくいですか?

 

「少しずつ着色汚れを落とす効果がある」ってことですね

 

1日で真っ白になるような強い効果じゃありません

毎日コツコツ使えばステインや黄ばみが落ちてだんだん歯が白くなる

 

そんな意味です。

 

ちなみに薬用=医薬部外品なので、他にも薬用と名前がついている商品は同じように厚生労働省が認可した医薬部外品ということになります。

 

歯磨き粉とか石鹸でもよく使われてますよね。

 

薬局の薬は全て厚生労働省が認可済み

話しがちゅらトゥースホワイトニングがら反れますけどに、病院や薬局で処方される薬は全て、厚生労働省が「医薬品」として販売していいと許可をした薬です。

たまに「新薬でアメリカなら使えるけど、日本だと未許可だから使えない」みたいな話しをニュースなどで聞きませんか?

 

あれは厚生労働省が認可をしていないから国内の病院では使えない、という意味ですね。

1つの薬の認可に10年くらいかかったりするらしいです。

 

まとめ

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、厚生労働省が歯のホワイトニングに効果があると認めた医薬部外品なのです。

 

口コミでも「白くなった」と言われているし、メーカーのウェブサイトでもそう書かれていますが、それはキチンと政府機関が認めた効果・効能のある成分が入っているということでした。